材料評価

適切な材料の選択は、プラスチック成形製品の完全な生産にとって重要です。アプリケーション固有の要件により、耐薬品性、引張強度、耐衝撃性、延性などの特定の特性の必要性が常に高まります。厚さ、硬度、弾性、摩擦効率に関係なく、アプリケーションのニーズと要件に適した材料を推奨する経験と知識があります。当社のエンジニアリングチームは、必要な材料の機械的特性、耐薬品性、およびコストを分析および評価することができます。

高温熱可塑性プラスチック

ウルテム

液晶ポリマー(LCP)

ポリフェニレンサルファイド(PPS)

ポリスルホン(PSU)

ポリエーテルケトン(PEEK)

高性能熱可塑性プラスチック

ポリウレタン(PU)

ポリブチレンテレフタレート(PBT)

ポリフッ化ビニリデン(PVDF)

ABS / PCブレンド

ポリカーボネート(PC)

アクリル(PMMA)

ナイロン(PA)

アセタール(POM)

熱可塑性エラストマー(TPE)

市販の熱可塑性プラスチック

ポリプロピレン(PP)

ポリエチレン(PE)

ポリスチレン(PS)

ポリ塩化ビニル(PVC)

高密度ポリエチレン(HDPE)