LSR&ラバーモールディング

当社の液体シリコーンゴム成形プロセスは、15日以内にカスタムプロトタイプと最終用途の製造部品を製造します。コスト効率の高い工具と製造サイクルの加速を提供するアルミニウム金型を使用し、さまざまなグレードとデュロメータのLSR材料を在庫しています。

液体シリコーンゴム成形はどのように機能しますか?

LSR成形は、柔軟性があるため、熱可塑性射出成形とは少し異なります。標準のアルミニウム工具と同様に、LSR成形工具は、CNC機械加工を使用して製造され、LSR成形プロセスに耐えるように構築された高温工具を作成します。フライス加工後、ツールはお客様の仕様に合わせて手作業で研磨されます。これにより、6つの標準的な表面仕上げオプションが可能になります。

そこから、完成したツールは、ショットサイズを正確に制御して最も一貫性のあるLSR部品を製造するために精密に調整された、高度なLSR固有の射出成形プレスにロードされます。プロトラブズでは、インジェクターピンが部品の品質に影響を与える可能性があるため、LSR部品を金型から手動で取り外します。

LSR材料には、医療、自動車、照明などのさまざまな部品用途や業界に適合する標準的なシリコーンと特定のグレードが含まれています。LSRは熱硬化性ポリマーであるため、成形状態は永続的です。一度硬化すると、熱可塑性樹脂のように再び溶融することはできません。実行が完了すると、パーツ(または最初のサンプル実行)が箱に入れられ、その後すぐに出荷されます。