インサート成形とオーバーモールド

インサート成形は、熱可塑性樹脂を別のコンポーネントの周りに成形するプロセスです。多くの場合、ねじ山付きインサートやファスナーなどの金属部品がインサート成形に使用されますが、プラスチック、セラミック、その他の材料などの他の部品も利用できます。インサート成形には、人件費の削減、部品重量の削減、品質、製品機能の向上、全体的な部品構造の向上など、多くのメリットがあります。さらに、インサート成形は、複雑なアセンブリに対してより費用効果が高く、効率的なソリューションです。

インサート成形と同様に、オーバーモールドプロセスでは、熱可塑性樹脂を別の材料の上または周囲に成形して、1つの固体コンポーネントを形成します。オーバーモールディングは、2つの樹脂間の結合を改善するため、複雑な設計、過負荷のアセンブリ、および詳細な外観の側面を備えたコンポーネントの製造プロセスを最適化します。